おねしょをされてもいいようにベビーシッターが配慮

おねしょは、だれにもあるものです。

寝る前に水分を取ったり、布団をはいで少し冷えたり、夢を見たりいろいろなことが原因になっています。ベビーシッターが叱ったりするより、普通のこととして始末をしてあげることが大切です。心身の成長と睡眠の発達によって、なくなっていきます。

おねしょをさせないために、ベビーシッターが眠っている子供を無理に起こしてトイレへ連れて行くことは、睡眠にとってもおむつ外れにとっても良いこととは言えません。それよりもおねしょをされてもいいような配慮、寝る前に水分を取りすぎない、寝冷えをしないような工夫をベビーシッターがしてあげるようにしてください。残尿は機能の発達が未熟なうちは、よく見られます。

ゆっくりと落ち着いて便器に座っていられるように、配慮してあげてください。排尿しきった感覚を、意識させてあげるのも良いことです。残尿のため濡れたパンツは、その都度変えてあげるようにしてください。一応おむつが外れても排尿間隔はいろいろな状況によって、短くなったりします。個人差もありますし心理的なことも影響してきます。

病的なものは医者に相談するとして、あまり神経質になるよりはおおらかにのびのびと遊べるような生活を、ベビーシッターは心がけてあげましょう。便だけおむつにする子供がいます。排尿と違って便は少しいきまないと出なかったりすることがあるので、子供が気にしたりこだわったりしているからです。

そのうち自信が持てるようになれば、自分からトイレでしますから心配ありません。緊張して便秘になってしまうより、出す習慣をつけることが大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です