昔ながらの遊びを教えるベビーシッター

2歳児以下においては、一つのものを複数の子供たちで遊ぶ協力遊びは、まだできなくて自然な状態です。

一緒に遊んでいるようでも、個々で楽しんでいるのです。

この年齢では、言葉によるコミュニケーションをとっていくことも難しくなっていて、ほしいものがあったら手を出してしまいがちな、時期になっています。

交換したり順番を待つなどの社会性もまだまだ未熟ですから、年齢に応じたおもちゃを十分に用意しておくことが、大切になってきます。

3歳児以上になると、友達同士でのかかわりが楽しめるようになる半面、喧嘩も多くなりがちになりますので、ベビーシッターも注意が必要になってきます。

ごっこ遊びなどにおいては、ベビーシッターがリードするまでもなく自分たちで発展させて、楽しむことができます。

また簡単なルールも、解することができるようになりますのでルール制を持っている遊びが、好まれます。また昔ながらの遊びには、準備もあまり必要がなく年齢や人数にも柔軟に対応できる遊びが、たくさんあります。

近所の子供たちと集団遊びをする機会が少なくなった今、ベビーシッターがうまくリードして、昔の遊びを教えれば新鮮な感覚で喜んで子供たちは、参加してくれます。

グループ遊びは、盛り上がりすぎて収支がつかなくなるとグループ全体が興奮状態になってしまい、事故が起こりやすくなってしまいますので、ベビーシッターは特に注意して見守ってあげるようにしてください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です